NEWS

番組レポート|部員・さくやさんの「第4回 声に出して読む読書会」

開催日時:2021年9月23日(木・祝)14:00〜16:00

部員のさくやさんの発案で始まった「声に出して読む読書会」。声に出して本を読むことで、言葉の響きやリズムを楽しみます。第4回目となる今回は、読み手が8名、見学が9名と、これまでで一番参加者が多い会となりました(ビデオオフ・音声オフでもOK!)。今回みんなで読書した作品は、月刊手紙舎8月号の本の「手紙社リスト」で紹介された『ののはな通信』です。

「のの」と「はな」。横浜の女子高校に通う二人の少女による、手紙とメールのやりとりでストーリーが進んでいきます。国語の音読の時間のように、一通ごとに回し読み。読み手の部員さんだけでなく、見学の部員さんとも感想をシェアしながら、みんなで作品を味わいました。ののとはなと同じように女子校に通っていた部員さんのコメントから、みなさんの学生時代の話に花が咲く場面も。

途中まで読み進めて今回は終了。読み終わった後は、10月1日(金)から始まる月刊手紙舎10月号の特集「クマだらけフェスティバル」に向けて、ちょっとしたクマ自慢が繰り広げられました。最後は『ののはな通信』に登場する「やっほ〜い」という挨拶でお別れ。しばらく流行りそうな予感です。

部員のみなさんとやってみたい会がある方は、お気軽にご提案くださいね!

(手紙社・江口)